いったい「美しいスタイル」とは、なんだろうか?

 

西洋的なモノの見方をすると「美しさの基準」というのは、その「輪郭のバランスの比率」になる。

 

あくまで「見えるもの」を対象とし、それが「黄金比」などに代表される「美しい割合」になっていることを美とする、そんな基準があるように思える。

 

そういった基準から生まれた文化が「ギリシャ彫刻」であり「洋服」であると。

 

これらの話をこの本で読んだ。

 

それに比べて、日本はご存知「キモノ文化」。

 

身体を覆うキモノによって、「からだの外側の輪郭」というのは見えない。分からない。

 

「見えない・分からない」ということは、その文化では「それを重視していない」ということなのです。

 

では「身体の輪郭」を覆い隠したときに、その「差」となるのはどこか。

 

それこそが「軸」であり「姿勢」なのです。

 

日本の文化というのは、そういうところを観るわけですね。

 

目で見るわけではなく、目で感じる。身体で観る。

 

で、もちろん「おっぱいの大きさ」というのを気にする文化ではなかったわけです。

 

そもそも「巨乳」に価値がついたのは、どうも1980年代らしい。

 

戦後から徐々に外国人女優が入ってきて70年代に「ボイン」という言葉が発明され、80年代に「巨乳」という言葉ができ、90年代以降に、

 

「巨乳=魅力的」

 

という価値観になってきたらしい。

 

 

江戸時代のエロ本「春画」には性器の描写はあっても「乳」の描写はない。

 

当時は「乳」といえば赤ちゃんのための器官であって、男性のためのそれではなかったということだ。

 

オトコは、女性の「軸」や「姿勢」、そして子宮に関係のある「足首」などを観て女性を判断していたのだ。

 

これも「観の目」の一種なんじゃないかと思う。

 

そしてやはり戦後に西洋的な価値観に染まっている。

 

それが悪いというわけじゃない。

 

しかし「おっぱいの大きさを江戸時代の人は気にしていなかった」という価値観を知っておくことは大事だと思う。

 

 

おっぱいというのは脂肪でできているから、どうやって努力しても徐々に垂れてくる。

 

いろいろな体操などで、その「垂れ具合」に歯止めをかけることはできるかもしれないが、根本的に垂れてくるのを止めることはできないだろう。

 

 

それに対して「姿勢」というのは、年々、進化させていくことができる。

 

筋力・体力が落ちてきても、衰えにくい筋肉を活かし、からだ全体の連動・調和を意識していれば、姿勢はどんどん進化していく。

 

たとえ猫背になってきているように見えても、その内を流れるエネルギーを高めることができる。

 

そこには「生きる姿勢」という言葉もある通り、「生き方」が大きく関わってくる。

 

じぶんらしく、誇りをもって生きていれば姿勢も保たれるだろうし、卑屈になれば、字の通り姿勢も「卑しく屈して」くる。

 

 

「からだの外側の輪郭」というのはボディスーツやコルセットでごまかせる。

 

けれども、「姿勢」や「軸」というのは人格や性格などの精神面と密接な関係があるので、ごまかすことができない。

 

さて、あなたはどっちを重視したいか、という話なのです。

 

ちなみに中世ではコルセットにより女性に深刻な病気(リウマチなど)が発生し、コルセットが法によって禁止されたが、違法と知りながらコルセットを外せない女性が多かったらしい。

 

これなど、エゴの肥大した人が「見た目」に囚われてしまういい例です。

 

その意味では、ぼくはやはり、これからは「軸」「姿勢」で「美しさ」を判断していったほうがいいと思う。

 

そうすることで「無理なダイエット」「無理なアンチエイジング」「見た目に惑わされる巨乳・貧乳ヒエラルキー」などが減ってくるはずだ。

 

「若さ」だけを美しさの基準とせず、年を重ねていく中での美しさを評価する。

 

そしたら「若さ」だけに執着して苦しくなることもないだろうし、みんながエイジングを愉しむことができる。

 

ぼくは、そういう社会のほうが健全だと思うのです。

 

「和の礼儀作法」というのは、そういう価値観を持っています。

■「和の礼儀作法」インストラクター 体験&説明会■

「和の礼儀作法を身に着ける5つのステップ」動画メール講座が完成!!【無料】